覚え書き - coLinux

coLinuxの導入

  1. coLinux 0.7.4を落とす
  2. Rootfile systemでFedra 10を選択
  3. Fedoraを解凍
  4. できたstart-Fedora-10.batのパスをFedra10.img,swap.imgのある場所にいじくる。
  5. start-Fedora-10.datには
    "D:\coLinux\colinux-daemon.exe" @fedora-10.conf
    と記述するにとどめて~.confという設定ファイルを呼び出す方が便利そう。

ユーザー追加

rootから

  1. ユーザーの追加
    adduser (username)
  2. パスワード設定
    passwd (username)

キーボード設定

Fedora 10の場合

  1. 一時的には
    loadkeys jp106
  2. 恒久的には/etc/rc.d/rc.localに上記コマンドを記述

参考

coLinuxとWindowsのファイル共有,cofsの導入

Windows側からの設定

  1. 適当な場所に共有用のディレクトリを作る。
  2. 設定ファイルに
      cofs0="D:\coLinux\share"
    を追加

Linux側の設定

  1. /etc/fstabに
    cofs0 /mnt cofs default,uid=username 0 0
    を追加。

参考

GNOME環境を使えるようにする

VNCによるリモートアクセス

  1. Real VNC Viewerだとserverに「IP:[ディスプレイ番号]」を入力して接続可能

参考