覚え書き - LINUX

ネットワーク設定

構成ファイル

参考:http://d.hatena.ne.jp/kanonji/20090130/

NICの認識の確認

  1. eth0が存在するか確認
    # ifconfig

ネットワークの再起動

  1. 以下を入力
    $ /etc/rc.d/init.d/network restart

アプリケーションのインストール

Acrobat Reader

  1. Adobeのサイトでインストーラーを入手。
  2. rpmのときは
    # rpm -ivh hoge.rpm
    tar.gzのときは解凍後に
    # sh ./INSTALL。
    ディレクトリはデフォルトで/opt/Adobe
  3. パスを通す。
    #ln -s /opt/Adobe/Reader8/bin/acroread /usr/local/bin/acroread
  4. アジア・拡張言語フォントパックも同様にインストール。

参考:http://tmcosmos.org/linux/common/usrlocal/usrlocal03.html

sshが繋がらない

公開鍵の情報(/home/$usr$/.vncに格納)がOS再インストールetc.で一致しなくなる。従ってこの情報をホスト,クライアントともに消去する。
  1. RSAの情報の有無を確認
    $ ssh-keygen -f [IP]
  2. 情報を削除
    $ ssh-keygen -R [IP]

VNCによるリモートアクセス

LINUXのvnc serverの設定

  1. vnc-serverのインストール
    # yum install vnc-server
  2. 手動で起動なら
    $ vncserver
    初回起動時はパスワードを入力。以後の起動は
    $ vncserver :[ディスプレイ番号]
    終了は
    $ vncserver -kill :1
  3. 自動で起動なら「/etc/sysconfig/vncservers」に以下を追加。
    VNCSERVERS="1:ログインするユーザ名"
    VNCSERVERARGS[1]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -nohttpd -localhost"
    vncserverの再起動
    # /etc/rc.d/init.d/vncserver start
  4. 繋いでみて,駄目だったら「システム>管理>ファイアウォールの設定」で「その他のポート」→「追加」→「Port:XXXX/Protocol:tcp」でファイアウォールを開放。
  5. ポート番号は「5900+[ディスプレイ番号]」

GNOME環境を使えるようにする

  1. 「~/.vnc/xstartup」を以下のように編集。
    #!/bin/sh
    unset SESSION_MANAGER
    exec /etc/X11/xinit/xinitrc

画面サイズの変更

  1. 「/usr/bin/vncserver」の項目中のパラメータを編集。
    $geometry = "800x600";
    $depth = 8; ←色のビット数

VNCによるリモートアクセス

  1. Real VNC Viewerだとserverに「IP:[ディスプレイ番号]」を入力して接続可能

VNC serverとviewerでのクリップボードの共有

  1. 以下のコマンドを打ち込む。
    $ vncconfig &
    Xアプリケーションが立ち上がる。これが起動している間クリップボードが共有される。

参考

フォントの追加

設定

  1. DLしたフォントを/usr/share/font/以下の適当な場所に置く。
  2. /etc/X11/fs/configのcatalogue内に追加フォントのあるディレクトリを追加する。
  3. xfsというプロセスを再起動する。

参考

トラブル解決

「ソフトウェアの追加と削除」が消えた

  1. パッケージマネージャのインストール
    # yum install pirut

yumのインストール

  1. 適当なミラーサーバーから
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/yum-3.0.5-1.el5.centos.5.noarch.rpm
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/yum-metadata-parser-1.0-8.fc6.x86_64.rpm
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/python-elementtree-1.2.6-5.x86_64.rpm
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/python-urlgrabber-3.1.0-2.noarch.rpm
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.x86_64.rpm
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/m2crypto-0.16-6.el5.1.x86_64.rpm
    wget http://~/Linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/rpm-python-4.4.2-47.el5.x86_64.rpm
  2. 解凍,インストール
    rpm -ihv *
    yum -y install yum-fastestmirror
  3. 依存関係がどうとか言われたら…メッセージでググって適当なコマンドを検索する。